グローバルナビ


家族バカンス普及推進プロジェクト
滞在型ホテル事業の特性
ユースインのスタイルは、ヨーロッパではホテルと同じくらい古い歴史を持つ 宿泊施設で、ベッド数ではホテルの3倍程度に達している規模の長期滞在型宿泊施設。ユースインはコミュニティユースや家族バカンスなどに対応する。新しいタイプの長期滞在型ホテルです。

欧米には広く普及している施設であっても日本市場にほとんど存在していない宿泊施設です。マイカー利用の旅行が増加し、自由に快適に経済的に利用できる宿泊施設の開発と普及が求められています。類似施設などの需要動向からも潜在的マーケットは大変大きく、成熟社会の旅行ニーズにマッチした、新しいスタイルの宿泊施設として、発展が大きく期待できる分野の事業です。

早期の資金回収が期待できる収益性の高い事業です

宿泊機能に特化したサービスに限定するなど、オペレーションを簡素化することで少人数での運営を可能にし、人件費・運営コストなどを低く抑えることや建物設備も合理的な労働力で運営可能な規模に設定、独自開発の建築システムなどにより投資額を抑え、少投資・省力化による開発コスト・運営コストなどを軽減し、従来の宿泊事業に比べて早期の資金回収を実現します。

<所有><経営><運営>を分離化し、経営の効率化を実現します

宿泊施設の〈所有〉〈経営〉〈運営〉を分離化することで経営の効率化を図ると共に、事業の条件や目的によって事業システムが選択できるなど、所有土地や所有施設の活用事業、資産運用事業、利回りが期待でき、投資事業などに最適です。